合成ルビー

2017年5月2日 火曜日
メレルビーまとめ

合成石を作るベルヌーイ法とは!? ベルヌーイ法とは、化学者の「オーギュスト・ヴィクトル・ルイ・ベルヌーイ」さんという人が初めて商業的に成功した人工宝石の製造法になります。
主にルビーやサファイアの合成石がこの手法で作られることが多く、別名「火炎溶融法」とも呼ばれております。 製造法としては微細な粉末原料を酸水素炎を使って溶融させ、その時に出る 時代としては、1902年頃からベルヌーイ法は行われており、ベルヌーイ法によって作られた宝石の生産量は1907年で年間1000㎏、2000年になるとそれまでの生産量は250000㎏まで達していたようです、、、

合成石と本物を見分けるには長年の経験が必要です。色石バンクスタッフには徹底的な研修を行っておりますので、お問合せを頂ければと思います。