天然本琥珀

天然本琥珀
買取日 2017年03月16日
買取エリア 高知県
種別
カラット数 136.548ct
買取実績金額 7,500円
コメント 高知県四万十市の買取業者様より大粒の天然本琥珀のルースをお買取いたしました。
何年か前にお店の近くにお住まいの方から買取ったとのことですが、出し先がなくずっと取ってあったとのことでした。

琥珀(英:アンバー)は天然樹脂の化石であり、宝石です。
一般的に知られている本琥珀はナチュラルアンバーと呼ばれ、コニャックカラーと呼ばれる透明感のある黄褐色や、黄色よりの橙色のものが多いですが、その他にもオリーブのような明るい緑色の「グリーンアンバー」、高級感のある赤味を帯びた茶色の「チェリーアンバー」、昆虫入りの「インセクトアンバー」、そして最も高価とされるのが「ロイアルアンバー」(バルテックアンバー)と呼ばれる乳白色の琥珀です。真っ白な琥珀であればあるほど、時間の経過とともにベージュ色に変化していくといわれており、ヨーロッパでは大変な人気があります。
また、ガラスやフェノール樹脂・プラスチックなどを材料とした、見た目や感触で、琥珀と似たようなものもいくつかあります。