トラピッチェエメラルド

トラピッチェエメラルド
買取日 2016年11月08日
買取エリア 鹿児島県
種別
カラット数 0.671ct
買取実績金額 12,000円
コメント 鹿児島県霧島市のリサイクル業者様よりトラピッチェエメラルドのルースをお買取致しました。他にもたくさんの色石のルースをお持ちいただきましたが、珍しい見た目だったので別途分けてお持ちいただいたものでした。

5月の誕生石として知られるエメラルドは和名を翠玉(すいぎょく)、緑玉(りょくぎょく)といいます。内包物がとても多い石なので少なければ少ないほど価値は高くなります。また、明るく濃い緑色のものが最上級とされています。
また、中には黄緑色をした石もあるが、エメラルドとして扱われることはほとんどなく、ヘリオドール、グリーンベリルなどと呼ばれ価値も著しく下がります。
モース硬度ではかなり硬い石のはずなのだが、内部に多数の傷を抱えていると云う結晶の性質上、衝撃に極端に弱いので、カケやキズなども査定の際には重要な点となります。

また、珍しい種類としてトラピッチェエメラルドがあります。トラピッチェとは、スペイン語でサトウキビの絞り機のことで六角形の歯車をもった農耕機具です。6つのエメラルドの結晶が、放射状に集合している様子を、歯車に見立てて命名されたようです。
また、 全エメラルドの中で1%にも満たない産出量と言われ、希少度はかなり高く、コレクターの方を中心に大変人気があります。
その人気の裏にある秘密の1つに、模様の成長過程が完全には明かされていないという点もあります。