ベルヌイ法(火焔溶融法)とは?

読み:
べるぬいほう(かえんようゆうほう)

フランスのベルヌイが1902年に発表した合成法で、酸水素炎中にアルミナ粉末などを落下溶融させ結晶を成長させる方法。合成スピネル、合成コランダム等がこの方法で作られている。

その他の宝石用語集

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行