複屈折性とは?

読み:
ふくくっせつせい

宝石中に光が入る時、空気と宝石の境界で屈折すると、同時にある場合には2本の光に分離し、それぞれ異なった速度と振動方向で宝石中を進行する時がある。このように1本の光を2本に分離させる性質を複屈折性という。

その他の宝石用語集

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行