メキシコオパール買取価格

メキシコオパール買取価格表

  Sクラス Aクラス Bクラス Cクラス Dクラス
1.0ct 7,000円 5,600円 3,500円 2,100円 700円
2.0ct 28,000円 21,000円 14,000円 7,000円 2,800円
3.0ct 63,000円 42,000円 31,500円 10,500円 6,300円
5.0ct 140,000円 105,000円 70,000円 24,500円 14,000円
10.0ct 350,000円 210,000円 140,000円 70,000円 35,000円

メキシコオパール高価買取について

メキシコオパールの特徴

10月の誕生石のオパールには、メキシコ産のメキシコオパールとオーストラリア産のブラックオパールとがあります。 宝石の中でも柔らかい方でモース硬度は5~6です。
このうちのメキシコオパールの品質の良いものには、ほんのり青みがかった水のように透明な地色の中に虹色の輝きがゆらめくウォーターオパールと、赤やオレンジの地色の中に同じく虹色の輝きがゆらめくファイアーオパールとがあります。

このオパール特有のゆらめく七色の斑(ふ)のことを遊色効果(play of color)と言いますが、品質の良いファイアーオパールは赤やオレンジの地色の中でゆらめく遊色効果で、文字通り炎のように見えます。買取価格も高く、大変希少価値のある宝石ですが、いつの頃からか、近年、まったく斑の出ない、遊色効果の無い赤一色やオレンジ一色の単色のオパールがファイアーオパールとして売られるようになりました。

ドイツから始まって欧米や日本でも広まったようですが、本来、斑の出ない単色のオパールはファイアーオパールとは呼びません。メキシコの原産地でも斑の出ない赤色系オパールは「赤ガラス」と呼ばれていて、高品質のファイアーオパールとは、はっきりと区別されています。カットも、斑が出ませんから、普通のオパールのようにつるんとした丸いカボションカットにしても魅力が無いので、ルビーやトルマリンのように多面体(ファセッティッドカット)にカットされていることが多いようです。

ファイヤーオパールの買取実績